2012への願い

こんばんは、イシイ畳リフォームです。 明日で今年の営業最終日と言う事で、 本日は年の締め括りにふさわしい言葉を頂きましたので記します。 今年ももう終わり。 3.11の東日本大震災で始まり、 フランスの大統領までもお出ましになり3時間滞在。 …東電の対応には?マークものではあった。 色々な事があった。 だが、そのどれも(津波も含め)過去の教訓が生かされていない内容が多い。 『変化とは、劇的に来る』という昔の文豪の言葉がある。 アラブの春、ギリシャに始まりEUの腰の弱さが目立った。 日本は普天間問題、TPP問題など、解決すべき課題が多々ある。 今後、増税への舵取りを已む無くせざるを得ないだろう。 政治と経済とは良く言ったものだ。 はたして、これからの日本の彷徨はどうなるのだろうか。 来年は今年より少しでも好転すればと願う。 確かに2011年は色んな事があった年でした。 私も2012年は笑顔溢れる出来事が多くなるよう、 願っております。 やらない善より、やる偽善。 出来る事から始めましょう。 本日はご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

“2012への願い” への3件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。