【リニューアル】リフォーム時期の目安

REFORM
リフォーム
REFORM
リフォーム時期の目安について
住まいの購入から出産、子供の成長、子供の独立、高齢化対策まで、家族構成や
生活環境の変化に伴った住まいのリフォームポイントや増改築のコツなどをご紹介します。
  • 20代〜30代
  • 結婚し、子供が生まれ、子供の成長を考えるため、マイホーム購入を検討する夫婦が増え始める年代です。
  • 中古住宅の購入

  • 一戸建ての中古住宅の購入の場合は、水廻り状態のチェック、構造体や設備配管等の隠れた部分のチェックが必須です。
    中古マンション購入時には「管理状態のよしあし」もポイントです。一戸建て、マンションともに中古住宅購入の際は、 住みやすさを追及するため、間取り変更や設備機器を充実させるなどのリフォームを行いましょう。
  • 子供部屋について

  • 子供は小学校に通うようになると、少しずつ自我が芽生え始めます。小学生のうちは完全な個室よりも、 基本的には家族と一緒に過ごしながら、自然に社会生活の基礎を学んでいける環境を作ることが大切です。
    よって、親が確認できる範囲で「オープンな個室空間」を確保するイメージ
  • 40代
  • 子供も成長し、思春期に入る時期です。家族それぞれのライフスタイルを、尊重した空間が必要になる年代です。
  • 自分専用の部屋をつくる

  • 大人のための個室を作るリフォームの例が、最近増えてきています。それぞれ目的は様々ですが、 自分の趣味を楽しむための部屋を作ったり、家でも集中して仕事が行えるようにSOHO (自宅兼事胼) を 作ったりするケースが増えています。
  • 受験時期の子供部屋

  • 受験時期はちょうど子供の思春期の時期でもあります。この時期の子供はとてもナーバスになりやすい時期 ですので、子供が勉強に集中でき、かつ、孤立しないような部屋作りを行うことが大切になってきます。
  • 50代
  • 子供が独立し、ライフスタイルも変わり、第2の人生を考え始める時期です。また、新しい家族との関わりが生まれてくる年代です。
  • 2世帯住宅

  • 2世帯住宅にも様々なタイプ(共用型や独立型など)が存在します。また、同居する夫婦が息子夫婦であるか 娘夫婦であるかによっても、住宅のスタイルも変ってきます。
    それぞれの世帯の生活スタイルに合わせて2世帯住宅のタイプをしっかりと考慮し、見極めることが必要です。
  • 子供が独立後の住まい

  • 子供が独立した後には、夫婦2人きりになるため、夫婦2人が快適に暮らせる住まい作りをしていきたいものです。
    例えば子供部屋だった部位を長年の夢だった書斎にしたり、友人·知人を呼べるようにリビングを広くするなど、 ちょっとした工夫をすることによって、楽しめる住まい作りを目指しましょう。
  • 60代
  • 定年を迎え、家で過ごす時間が増え、趣味に使える時間も増える時期です。また、年齢から住まいに不便さなどを感じ始める 時期でもあり、心地よく生活するための改装が必要になる年代です。家を子供に残すことを考える時期でもあります。
  • 趣味に使う部屋

  • 定年退職を迎え、自分の自由時間を有意義に使うための 味やライフワークの為に使用する空間を設ける リフォームが増えています。新たな人生のスタートとして、より快適な生活をおくるために間取り変更、 設備機器取り換えを含めた全面的な改装を行う例が増えています。
  • 将来の介護に備えて

  • 老後に過ごしやすい環境であるために早めにバリアフリー対策を行ほしょう。
    現在は気にならないような小さな段差や滑りやすいところなど、身体能カの低下を考慮し、細かな配慮が必要になります。
  • 次の世代(子ども達)に向けて

  • ご自身のお子さんが実家に戻り、思い出の詰まった家に住み続けることもあるでしよう。
    お子さんが永く住み続けられるように補強や改修などのリフォームをする方が増えてきています。