【リニューアル】リフォームチェック

REFORM
リフォームチェック
築年数別おうちチェックシート
どのような建物でも必ず経年変化はあります。
よって、どの時期にどこまで修理を行えばよいのか?
建物の耐久性や設備機器の耐用年数を考慮したリフォーム目安時期と修繕内容のポイントをご紹介します。
新築
  • 何か不具合がない限り,点検や清掃をしっかりとおこなえば大丈夫です。
    住まいの寿命を延ばすためにも定期的な点検を行いましょう。
  • □雨どいやバルコニー部分等の排水口の清掃·点検(年に一度程度定期的に)
  • □換気扇·外部排水マスの清掃や点検(年に一度程度定期的に)
  • □床のワックスがけ(年に3-4回程度定期的に)
  • □外部の鉄板部分や木部の点検(年に一度程度定期的に)
  • □障子·ふすまの張り替え(3~4年に一度定期的に)
5年
  • 住まいの細かな部分の汚れや破損が目に付くようになつてきます。
    早めに対処することが大切な時期です。
  • □瓦屋根の点検、および部分的な割れ、ズレ、サビ等の補修
  • □内外部の建具の建てつけの調整、直し
  • □給排水管の配管クリーニングの実施
  • □外壁の清掃、部分的な亀裂修復口壁、天井のクロスの張り替え
  • □外部の鉄板部分や木部の塗装塗り替え
  • □たたみの表替え(5〜7年に一度定期的に)
10年
  • 水廻り設備(キッチン、浴室、トイレ、洗面化粧台、給湯器など)
    故障したり、不具合を起こしたりし始め、外壁、屋根など
    外部の破損や汚れが目立ち始める時期です。
  • □平板の割れ、ズレ等の全体的な補修
  • □外壁·屋根塗装、タイルなどの部分の補修
  • □しっくい壁、珪藻土壁、じゅらく壁などの塗り直し
  • □給湯器の修理、取り換え
  • □キッチン、浴槽、トイレ、洗面化粧台等の全面的な補修、取り換え
  • □水まわりの床、壁、天井部分の点検、補修
15年
  • お家の隠れた部分(土台や給排水管など)に、腐食や破損が
    目立ってくる時期です。しっかりとした対処が大切です。
  • □瓦の割れ、ズレ、金属屋根等の全面的な補修
  • □雨どいの全面的な点検、補修
  • □破風板、軒天、雨戸、戸袋等の全面的な点検、補修
  • □基礎の点検、部分的な亀裂の補修
  • □床の全面点検、全面補修
  • □水まわり空間全体の点検、補修
20年
  • 住まいの耐用年数、家族構成の変化により、増改築レベルの大型の
    リフォームによって見直しが必要な時期です。
  • □建具の入れ替え、全体的な点検、補修
  • □全体的な基礎の補強、補修
  • □外壁の全体的な点検、補修、塗り替え
  • □瓦のふきかえ、金属屋根の張り替えなど屋根の全体的な補修
  • □水まわり設備の全体的な入れ替え
  • □生活スタイル変更等による間取り変更を含めた全面増改築